究極のゴルフ上達法

私はこの「ゴルフスイングの本質」を理解するまで、莫大な時間とお金を費やしてきました。 理解しなければ、それは永遠に続くものでした。 理解する事によって、効率よく上手くなるための練習法を実践でき、 劇的にゴルフが上達したのです。 もはや100を切る事さえ困難だった私が、66という かつて猛練習していた時代にも出した事のないスコアを出せたのです。 私はゴルファーの苦しみ、悩みを誰よりも経験してきました だから、あなたは遠回りをしないで下さい。 ゴルフの事で悩んだり、苦しくて辛い練習はもうやめて下さい。 唯一、必要なこと。 ゴルフスイングの本質を理解し、実践する。 たったこれだけで全てが変わります。 あなたが ・ 真面目に練習しているのに全然上手くならない。 ・ コースに行くと練習通りに打てない。 ・ ドライバーとアイアン、両方いい時が無い。 ・ 250ヤード以上飛ばせない。 ・ トップやダフリをしてしまう。 ・ スライスが出てしまう。 ・ フックが出てしまう。 ・ ヒッカケが怖い ・ 球が高弾道を描かない。 ・ 練習法がわからない。 ・ 日によって、距離感や方向性が変わってしまう。 ・ 距離を打ち分けられない。 これらのような、悩み、不満を感じているのであれば、 あなたも「ゴルフスイングの本質」を理解する事によって全てが解決します。 これはお約束します。 何故なら 私はゴルフメーカーの営業職、そしてプロを目指した学生ゴルフ出身という 立場から10000人以上のスイングを見てきました。 キャディをした数も半端ではありません。 物心ついた時からゴルフに携わっていたのですから。 そしてこの上達法により人に教える機会も急増しました。 その方達に「ゴルフスイングの本質」を理解して頂いてから、 この上達法を実践していただいた結果、 全ての人が飛距離を大きく伸ばし、 以前よりも方向性と力強さを兼ね備えたショットを手に入れたのです。 私は様々な人達のゴルフの悩みや練習法を聞いて、見てきました。 そして実践もしてみました。 そうすることによって、悩むゴルファーに共通する、ある大きな間違いに気づいたのです。 全ての悩めるゴルファーに共通する、大きな間違い。 それは、あなたが始めてクラブを握り、ボールを打った時、 その瞬間から陥っている間違いなのです。 あなたはゴルフを始めるにあたって、どういう方法で勉強しましたか? ・ ゴルフ雑誌を読んで参考にした。 ・ 会社の上司等ゴルフの経験者から教わった。 ・ 近所のゴルフスクールに通った。 恐らくこれらにあてはまる方がほとんどではないでしょうか? つまり、 雑誌の情報やそれらの情報を伝達された言葉、方法でしか教わりようがないのです。 断言いたします。 「ゴルフスイングの本質」の理解なしに、 これらの情報を身につける事は相当困難です。 確かに雑誌の記事や、ゴルフスクールでは、正しい事も伝えていますし、 教えてくれます。 しかし、それらはプロゴルファーの様に基礎がしっかりしたゴルファー、 つまり 「スイングの本質」を体得している者にのみ理解できる情報であり、教え方なのです。 冷静に考えてみてください。 ゴルフスイングの基本を謳った教材はたくさんあると思いますが、 ゴルフを始める以前に意識すること、 それ以前に人間が歩行するのと同じように、 ゴルフのスイングの最も大切な部分を教えている教材は存在しません。 何故なら、 その最も大切な部分「ゴルフスイングの本質」を最初に学んでしまえば、 殆どのゴルファーがあらゆる悩みから開放されてしまうからです。 つまり、誰も情報を求めなくなるのです。 そうなれば、雑誌の売り上げ、記事ともに激減してしまいます。 それならばティーチングプロはどうでしょうか。 勿論ティーチングプロにも素晴らしい理論を持ち、実践されている方もいらっしゃいます。 しかし、残念ながら優秀なティーチングプロにはそう簡単に出会えません。 ティーチングプロとはご存知のように、各ゴルフスクールや練習場等に勤務しています。 彼らには通って頂く生徒が必要です。 そして生徒達はゴルフが上手くなりたくて通っています。 つまり、ある程度上手くなってしまうともう通わないのです。 ゴルフにはプロを目指さない限り、 塾や予備校のように「合否」を決める試験がありません。 ですから悪い言い方をすると、 「ゆっくり教えていけばいい」 「そんなに上手くならない方が通ってくれる。」 といった事を前提に教えています。 そうしないとスクールの殆どが潰れてしまうからです。 「ティーチングプロの教えに間違いはないはず」 通っている生徒さんは信じて疑わないのですが、 「ゴルフスイングの本質」すら理解していないティーチングプロもたくさんいます。 これは私自身がプロゴルファーとの契約に携わって日々経験した事なのですが、 プロゴルファーの全てが同じスイング、同じイメージを持っているわけではありません。 営業はそのゴルファーの癖、考え、好み、筋力、精神力等を考慮して 自社工場へフィードバックしていきます。 「このクラブ、オレに合わないよ。」 その一言で私の信用、ましてや会社の信用を失ってしまいます。 ですから、個人個人のスイングの分析とそれを活かしたクラブ選びには 相当な技量を求められます。 「プロゴルファー本人よりも、私自身がその人のスイングを理解していなければ 生活すらできないのです。」 この個人のスイングを理解する能力は下手なティーチングプロよりも 相当長けていると断言できます。 そして今もその眼力は研ぎ澄まされ続けています。 それら私を取り巻く環境と経験から最も重要な事に気付きました。 それは、 「自分の体を自然に使う」事です。 それには自分の球筋を見て理解します。

一万人を見てきた熟練キャディーが教える、究極のゴルフ上達法90日間完全返金保障付き

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。