ゴルフ場でランニングで寄せる

ゴルフでいいスイングをしている、と感じるとき、人はどこを見てそう感じるのでしょうか。伸び伸びと振っている、振り方がシャープだ、フィニッシュの姿勢が決まっているなど共通して言えるのはバランスがいい、ということです。


アプローチでミスする原因の多くは、手だけで打っているからというのがほとんどではないでしょうか??


ゴルフ 場でミスするのはグリップを強く握りすぎるから、と言う理由が多いです。


アプローチでゴルフボールの近くに立つと、クラブを構えたときに、ヒール側が浮き、トゥ側が地面に向き打ちやすくなります。


ゴルフ場でピンが奥に切られているときはショートアイアンでコロがすと簡単です。


バックスイングでは体重が右カカトにかかるように、ダウンスイングからインパクトでは左足カカトにかかるように意識して、完璧な体重移動を行ってください。


ゴルフのアプローチはリーディングエッジが真っ直ぐな方がボールをクリーンに打つことができ、ボールの回転が良くなります。


ヘッドがインサイド・インに動くようになり、ボールをしっかりヒットできるようになりました。このイメージはショットのイメージと同じ。


テークバックの始動で注意しているのは、上体、腕、そしてクラブを一体化して、ワンピースに上げることが大切です。


ゴルフ場でプレッシャーがかかる場面ではグリップを軽く握ることが大切です。


ゴルフのアプローチはボール位置は右足寄りに、そして左足に重心をかけて立ってください。


構えた時、左右の足の体重配分は5対5。そしてややツマ先側に重心がかかるように立ちます。ヒザを少し曲げて、股関節のところから上体を前傾します。この体勢を保ったままスイングすれば、バランスのいいスイングができるでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。