ゴルフボールが高く上がってピンのそばに

ゴルフでいいスイングをしている、と感じるとき、人はどこを見てそう感じるのでしょうか。伸び伸びと振っている、振り方がシャープだ、フィニッシュの姿勢が決まっているなど共通して言えるのはバランスがいい、ということです。


スイングでは胸の回転が腕の振りをリードするといわれています。


一番強く握ったときが10だとすると、アプローチは4くらいで良いと思います。


アプローチでの注意点は、インパクトまでは前傾角度を保ち、ゆっくりしたリズムで振ってください。そうすれば正確にボールをヒットできるので、ゴルフボールはピンに真っすぐ飛んでいきます。


ゴルフスイングでダウンスイングではヘッドを下ろすことよりも、上体を回すことを心がけるように。手だけで下ろすと、フェースがかぶって、左へ飛びやすくなります。


ゴルフ場のアドレスで、両足のスタンスをどのように構えていますか?ただ漠然と飛球線と直角になるように構えていないでしょうか?良いスイングは良いスタンスから生まれます。立つときのちょっとしたポイントが大切です。


今ゴルフ界ではウェッジを使用するのは主流になりつつあります。


ゴルフのスイングで背筋を真っすぐに構えるとスムーズにフォローが出ます。


左肩が右足の上にくるまで回す意識をもつくらいで、しっかり力が溜まったトップになります。


何とかここではOKに寄せたい。そんな緊張した場面になったら、とにかく深呼吸。そしてグリップを軽めに握りましょう。それだけでいつものリラックスした柔らかいアプローチができるようになります。


体重移動がきっちりできていれば、右肩は地面と平行に回り、フェースはスクエアに入ってくるので、ボールが右に行くことはありません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。