ダウンスイングで腰を左へ動かすことから始めると、まず体重が左へ移動し

ゴルフスイングで悪いクセは時々カカトに体重がかかること。そうするとトップでバランスが崩れてしまいます。


アプローチでミスする原因の多くは、手だけで打っているからというのがほとんどではないでしょうか??


ゴルフ 場で特にアプローチでは間接を柔らかく使うことが重要になります。


ウエッジのフルショットは、アプローチショットを大きくしたもの。フルスイングだからといって、何も変える必要はありません。


かつて私はランニングアプローチでもSWしか使いませんでした。でも最近はピンが奥に切られている場合などは、ショートアイアンを多用しています。7番アイアンが一番コロがりの多くなるクラブ。ここから8番、9番とだんだん短くして、ピンの手前につけるには何番でコロがすのが一番適当かをイメージするのです。


バックスイングでは体重が右カカトにかかるように、ダウンスイングからインパクトでは左足カカトにかかるように意識して、完璧な体重移動を行ってください。


インターロックに握ると、フェースと左手首の向きは同じになるので、トップで手首が折れたりしなければ、フェースがスクエアになっていることが確認できます。


アマチュアの皆さんを見ていると、ここ一番飛ばそうという時、グリップをきつく握り締める人がいます。すると手首、腕、肩の筋肉が硬くなってしまいます。


アドレスで左足は飛球線と直角ではなく、30度開いて立ってください。こうするとインパクトで腰が回転しやすくなります。


プレッシャーがかかる場面でショートアプローチをする場合、距離感が合わなくなって、思うようなスイングができなくなることがあります。


アプローチでゴルフボールの近くに立つとアップライトな構え方になり、ヘッドをインサイド・インの軌道ではなく、パターのようにストレートな軌道で動かしやすくなるのです。


アプローチはボールの右側に集中して頭を動かさないことです。この2つを守って、少し体重移動をしながら打てば、ボールは思ったとおりのキャリーとコロがりでピンに寄っていくことでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。